普通の人であれば体験することのないプレイを五反田のイメクラ風俗で体験!

イメクラという風俗は、正式名称が「イメージクラブ」ですので、性的な行為も「イメージプレイ」をメインとして楽しむことができるんです。メイド服や学生服、ナースにスッチーというような感じで沢山の種類のコスプレを用意していますので、最高のイメージプレイを楽しんで下さい。

イメクラという風俗じゃなくてもコスプレを楽しむことはできるのですが、「本格的」にセッティングされた個室で楽しむのがイメクラでの楽しみ方となっていますので、店舗型のイメクラは少なくなってきてはいますが、情報サイトなどから、店舗で遊べるイメクラを探してみるといいでしょう。

ホテルに派遣するタイプのイメクラもあるんですが、部屋の雰囲気を堪能することができませんので、できれば店舗で楽しめるイメクラを探した方がいいと思います。風俗嬢がコスプレを来てくれればそれでいいという方もいらっしゃいますが、「イメージプレイ」をした方が興奮は高まります。

非日常を味わうためにイメクラで遊ぶという男性も多いので、現実的にはできないような事も、イメクラで実現して楽しんでみて下さい。女性たちは、男性が求める雰囲気をリアルに楽しませるためになりきってくれますので、同じテンションで接し、一緒に楽しむようにして下さいね。

容姿に関しては「アレ?」と思ってもサービスが良かったりする五反田の風俗嬢

風俗には地雷と呼ばれる女の子がいるんですが、見た目がイマイチというだけで、サービスは最高という子も地雷と呼ばれていたりする事もあります。写真写りがいいだけで大して可愛いわけではないという女の子に対し、「地雷だ!」とおっしゃる方もいらっしゃるんですが、風俗嬢の写真は実物よりかわいいというのが普通だと思うんです。

プロが撮影している写真をホームページなどに掲載しているわけなんですが、可愛く撮影するのは当たり前ですよね?期待し過ぎるからハズレてしまったという気分になってしまうんだと思いますので、今後、風俗を利用する時は過剰な期待をしないようにして下さい。

容姿はイマイチでも「サービスは最高」という子も多いんです。風俗という遊びは、エッチなサービスをしてもらうのがメインだと思いますので、風俗嬢の容姿は二の次と考えていただいた方がいいかもしれません。可愛ければ可愛いほど嬉しいと思うんですが、最近の風俗嬢は「サービス精神」も旺盛ですので、理想とちょっと違う感じの子を選んでしまった場合でも満足させてもらうことができます。

お金はかかりますが、風俗には普段関わる事のないようなタイプの子も多いので、新鮮な時間を堪能して楽しんでみるといいでしょう。

あまり意味はありませんが五反田風俗に対する男女の考え方の違いを比較してみました

「風俗」に対する考え方は男女で大きく異なります。風俗そのものに無関心という男性がいれば、男の風俗通い容認している女性まで、その価値観は多種多様です。ここでは男性と女性の風俗に対する考え方を列挙し、どういった価値観を持っている人が多いのか考察していきます。

■男性の風俗に対する考え方
社会に出ている多くの男性が風俗を「容認」あるいは「推奨」しています。割合で言えば、全体の5割以上が推奨、3割が容認、2割が無関心といったところです。推奨しているのは「30代から40代」が多く、一方で無関心は「10代後半から20代前半」が集まりました。

割合だけ見ると、半数が風俗で遊ぶことを推奨しています。その理由として、「いい女を知ることができる」、「性欲を満たすことができる」、「恋人気分を味わうことができる」といったものが多かったです。世界屈指のストレス社会である日本の男達は、それだけ癒やしを求めているのでしょう。

容認に関しては、「欲求不満になったら行く」、「会社に同僚に誘われたら行く」といったものが多かったようです。率先して行くほどでもないけど、気が向いたら足を運ぶという人が多いのでしょう。無関心は文字通り「最初から興味がない」、「風俗に行くお金がない」といった意見が多かったです。

■女性の風俗に対する考え方
結論から言って、およそ「8割以上」の女性が風俗を「完全否定」する結果となりました。その理由として、「違う女と関係を持つなど信じられない」、「風俗に行ったら離婚する」、「風俗なんて不潔」といったものが多く挙げられました。

残りの2割は、「中立」と「黙認」で分かれました。「男なんてそういう生き物だから仕方ない」と開き直る人がいれば、「私で性欲を満たせないなら彼のために我慢する」という人まで。少数派もいるものの、大多数の女性が風俗に対して「嫌悪感」を抱いているのは間違いないようです。

■風俗嬢の風俗に対する考え方
これまで男女別の価値観を取り上げましたが、「風俗嬢」はこれについてどう思っているのでしょうか。結果として、4割が男性の風俗通いを容認しましたが、残り6割は「完全否定」となりました。つまり、自身が風俗業界で働いているとしても、付き合っている男性には風俗に行って欲しく無いという風俗嬢が多いのです。

業界の裏側を知っているからこそ、愛する男性には足を突っ込んで欲しくないというのが本音なのでしょう。風俗業のプロフェッショナルといえど、そこにはやはり乙女心があるのです。