あまり意味はありませんが五反田風俗に対する男女の考え方の違いを比較してみました

「風俗」に対する考え方は男女で大きく異なります。風俗そのものに無関心という男性がいれば、男の風俗通い容認している女性まで、その価値観は多種多様です。ここでは男性と女性の風俗に対する考え方を列挙し、どういった価値観を持っている人が多いのか考察していきます。

■男性の風俗に対する考え方
社会に出ている多くの男性が風俗を「容認」あるいは「推奨」しています。割合で言えば、全体の5割以上が推奨、3割が容認、2割が無関心といったところです。推奨しているのは「30代から40代」が多く、一方で無関心は「10代後半から20代前半」が集まりました。

割合だけ見ると、半数が風俗で遊ぶことを推奨しています。その理由として、「いい女を知ることができる」、「性欲を満たすことができる」、「恋人気分を味わうことができる」といったものが多かったです。世界屈指のストレス社会である日本の男達は、それだけ癒やしを求めているのでしょう。

容認に関しては、「欲求不満になったら行く」、「会社に同僚に誘われたら行く」といったものが多かったようです。率先して行くほどでもないけど、気が向いたら足を運ぶという人が多いのでしょう。無関心は文字通り「最初から興味がない」、「風俗に行くお金がない」といった意見が多かったです。

■女性の風俗に対する考え方
結論から言って、およそ「8割以上」の女性が風俗を「完全否定」する結果となりました。その理由として、「違う女と関係を持つなど信じられない」、「風俗に行ったら離婚する」、「風俗なんて不潔」といったものが多く挙げられました。

残りの2割は、「中立」と「黙認」で分かれました。「男なんてそういう生き物だから仕方ない」と開き直る人がいれば、「私で性欲を満たせないなら彼のために我慢する」という人まで。少数派もいるものの、大多数の女性が風俗に対して「嫌悪感」を抱いているのは間違いないようです。

■風俗嬢の風俗に対する考え方
これまで男女別の価値観を取り上げましたが、「風俗嬢」はこれについてどう思っているのでしょうか。結果として、4割が男性の風俗通いを容認しましたが、残り6割は「完全否定」となりました。つまり、自身が風俗業界で働いているとしても、付き合っている男性には風俗に行って欲しく無いという風俗嬢が多いのです。

業界の裏側を知っているからこそ、愛する男性には足を突っ込んで欲しくないというのが本音なのでしょう。風俗業のプロフェッショナルといえど、そこにはやはり乙女心があるのです。